忍者ブログ
公的年金のお得な情報、無年金の解消策などを解説説明します。
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後期高齢者の医療制度の陰謀はこうだ。

1保険料は年金から天引き
 無いものは、別に収めることになる。
 つまり、取りやすいところからとる。

2.75歳すぎてたら本人も保険から追い出される。
※資格の喪失届を出さないと保険料だけ取られる羽目になる。
 健康保険保険証は無効にされます。
 持っていても無駄らしい。
 A.被扶養者は被保険者が喪失すると、それまでになる。
 B.被扶養者だけでも、国民健康保険に入らせるつもりだ。
  つまり、タダのりは許さないと言うことらしい。
  
※では、どうするか。
息子などがいる場合、息子の扶養に74歳までなれる。
75歳からは国民健康保険に入るしかない。
1.年金が年間180万円までなら扶養になれる。
 a.年金の源泉徴収、支払い通知書などコピーを添付する。
 b.年金が無いとは、所得証明を市区町村で取るとよい。
 c.そういう知恵の無い人は、社労士さんに頼むこと。

3.国のねらいはこうだ。
 aただ乗りを減らし、保険料を徴収する。
 b.診療報酬を減らし、病院の代金を踏み倒す。
 c.年寄りの赤字は、県や市区町村に押し付ける。
 d.補助金をカットし、国の負担を減らす。

4.結局どうなりそうか。
 a.診療点数が減るので、老人は病院からすぐ追い出されそうだ。
 b.国民健康保険の財政が悪化して、医療サービスが悪くなるだろう。
 c.田舎の年寄りばかりの病院は、つぶれると思う。
 d.都市部では、病院が老健にますます、年寄りを押し付けようとするが、
  老健の数にも限りがあり、結局、どこにもいけないものが続出すると思う。
 e.金持ちの人は医療を受けられても、金のない人は医療が受けられなくなる
  可能性が高い。
 f.保険料、医療費とも、ものすごく上がる可能性がある。
※自助努力として、民間の健康保険にも加入する時代が来るかもしれない。
当然保険料は今の生命保険よりかなり、高くなるのではないだろうか。
ホームペーシ゜利用してくださいね。
http://www.no-tenki.jp
携帯のアフエリも2つ登録してね。http://www.no-tenki.jP
a href="http://www.info-style.co.jp/ai.php?operate=1202165572&im=1191362531">『no-tenki』</a>
<a href="http://www.info-style.co.jp/ai.php?operate=1202165572&im=1191362531"><img src="http://www.info-style.co.jp/owner/contents/photo/130_1501_2.gif"></a>
<a href="http://www.info-style.co.jp/ai.php?operate=1197549421&im=1199725424"><img src="http://www.info-style.co.jp/owner/contents/photo/banner_light_0.gif"></a>
<a href="http://www.combzmail.jp/index.php?afid=dw5iel3f" target="_blank"><img src="http://www.combzmail.jp/logo_120.gif" width="120" height="60" bor


<img src="http://image.blog.livedoor.jp/higeromu2/imgs/b/d/bd7efc5f.jpg" width="144" height="144" border="0" alt="bd7efc5f.jpg" hspace="5" class="pict" align="left" /><script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://www.shiki.gr.jp/applause/bb/blogparts/bb_blogparts.js" ></script>


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/06 株の初心者の入門]
プロフィール
HN:
にせ幹ニ
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/17
職業:
特定社会保険労務士
趣味:
ミュージカル
自己紹介:
三流大学を浪人して卒業。就職には失敗し、一度目の就職は営業だが、あえなくクビになる。大学教授に泣きつき、先輩の会社に何とか入社。マツタ゛の下請け会社で、現場の溶接作業に従事、そこでひどい腰痛になり、その職場も断念。治療の傍ら、社労士試験を受けたが、
1回目は落ちた。2回目は専門学校に行き、何とか合格したものの。社労士事務所の就職は無く、受験講座の先生に泣きつき、某労働保険事務組合に入るが、女のこととかもあり、仕事の態度が悪かったため、クビに、その後、大変苦労し、昭和63年に開業した。同期のものは今はものすごく客がいるが、私は泣かず、未だ飛ばずです。20年近くたってようやく、遊べるようになる。劇団四季キャツツに出会い衝撃を受ける。その後、全国を飛び回り、四季の、子供ミュージカル以外、ほとんどのミュージカルを見た。自称にせ石丸幹ニである。年金については執念を燃やし、服部栄蔵年金道場を大阪に数度に渡り、行くが、レベルの高さにショックを受ける。その後、服部年金講座を数度、広島に誘致する。自らも年金講習会をNTT、新生銀行などで行う。大栄教育システムで、社労士受験講座の講師も勤めた。弟子は数が少ないか゛、現在、社労士会の役員になるなど、そうそうたる、メンバーが名を連ねている。弟子の方が、本人より、社労士会では認められたり、大きな事務所を運営している。一見でたらめに見えて、ちゃんとツボを抑えた指導には、舌を巻く人が多い。見かけと全然違う男である。
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
カウンター