忍者ブログ
公的年金のお得な情報、無年金の解消策などを解説説明します。
[73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

23年4月10日、夜中に電話があり、半分寝てましたので、適当に答えてましたが、調べてみたら下記のことが判明しました

身体障害者手帳の等級について教えてください。
1年前父が心筋梗塞で倒れ

心臓カテーテル手術を受けました。

usata65さん

身体障害者手帳の等級について教えてください。
1年前父が心筋梗塞で倒れ心臓カテーテル手術を受けました。
その後脳などへの後遺症もなく退院することができました。

身体障害者手帳の申請を行い、3級を所持していましたが、今回再申請(?)の書類が市役所から届いたとのことでした。
(離れて暮らしているため実物は見ていません)
父が住んでいる地区では3級で医療助成が受けられるので安心していましたが今回の再申請で等級変更になって助成が受けられなくなるのではないかと心配しています。

3級で助成があるという恵まれた自治体で生活しているとは分かっていますが、身体障害者の等級とは頻繁に変更になるものなのでしょうか?
また後期高齢者医療についてもネット検索していましたが、65歳以上74歳未満の場合の障害と認められる場合とはどの程度の障害のことなのか、ご存知の方がいらっしゃれば教えていただければと思います。
今もっている手帳には更新年月日などの記載はないとの言っていたのですが・・・

よろしくお願いいたします。

 

 

ベストアンサーに選ばれた回答

open_mindexさん

心臓機能障害でも、ペースメーカー、除細動器、人工弁移植したばあいには1級であり、再認定はありません。
心臓カテーテルとか、バイパス術の場合には変化する可能性があるので再認定が求められることがあります。
場合によっては非該当となることもあります。

「医師が前と変わりない」と言っても、診断書・意見書の提出は必須です。

再認定の時期は、必ずしも手帳に記載しなくても良いと厚生労働省は言っています。

ここから私の解説

この質問から、解りますように心臓カテーテル手術は障害等級には該当しないと思われます。

提出してもいいが、ムダになる可能性が高い。

なので、出すとしたら
1.申立書をかく
2.申立書に沿った診断書を書いてもらえるように、医者に交渉して書いてもらう。
無理なら他の医者を探す。
3.ダメ元で出してみる。
その程度です。
もらえる可能性は、きわめて低いと思われる。

ただ、あるとしたら、国民年金のときの初診でないこと。

つまり、会社にまだ籍があって、厚生年金の被保険者で、
厚生年金の障害等級に該当しないか程度だ。

しなくても、その場合は障害手当金がある。

なので、退職していたら、まずいと思われる。

あくまで、その障害の初診日の年金制度がその障害の根拠となる。
そのときの、保険料納付要件などがと問われるのであって、
障害認定日は関係ない。

障害認定日に問われるのは、障害の状態が等級表に該当するか
どうかを問うのである。


たとえぱ、別の部位の障害が起きて、循環器て゛あれば、消化器など
まったく違うもので、国民年金1級か2級に該当すれば、
それは別の障害なので、障害等級の併合認定がありえますが、
同じような部位であり、かつ障害等級表にないものは、
門前払いされる可能性が高いです。

注1
循環器で脳障害、下肢の障害、心臓病などは関連があると取られるだろう。
また、脳障害であれば、目の障害も関係あるし、聴力、そしゃくもあるかもしれない。

注2
心臓バルーン、ステント、バイパスなどは単独では、必ずしも1.2級となりえない。


下肢であっても、救急車で搬送とか、介護タクシーでの通院のとき、
交通事故にあって、脚を切断することになったなどは該当するのでは。
ただし、自賠責などとの調整はある。


出展ヤフー質問サイト

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/06 株の初心者の入門]
プロフィール
HN:
にせ幹ニ
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/17
職業:
特定社会保険労務士
趣味:
ミュージカル
自己紹介:
三流大学を浪人して卒業。就職には失敗し、一度目の就職は営業だが、あえなくクビになる。大学教授に泣きつき、先輩の会社に何とか入社。マツタ゛の下請け会社で、現場の溶接作業に従事、そこでひどい腰痛になり、その職場も断念。治療の傍ら、社労士試験を受けたが、
1回目は落ちた。2回目は専門学校に行き、何とか合格したものの。社労士事務所の就職は無く、受験講座の先生に泣きつき、某労働保険事務組合に入るが、女のこととかもあり、仕事の態度が悪かったため、クビに、その後、大変苦労し、昭和63年に開業した。同期のものは今はものすごく客がいるが、私は泣かず、未だ飛ばずです。20年近くたってようやく、遊べるようになる。劇団四季キャツツに出会い衝撃を受ける。その後、全国を飛び回り、四季の、子供ミュージカル以外、ほとんどのミュージカルを見た。自称にせ石丸幹ニである。年金については執念を燃やし、服部栄蔵年金道場を大阪に数度に渡り、行くが、レベルの高さにショックを受ける。その後、服部年金講座を数度、広島に誘致する。自らも年金講習会をNTT、新生銀行などで行う。大栄教育システムで、社労士受験講座の講師も勤めた。弟子は数が少ないか゛、現在、社労士会の役員になるなど、そうそうたる、メンバーが名を連ねている。弟子の方が、本人より、社労士会では認められたり、大きな事務所を運営している。一見でたらめに見えて、ちゃんとツボを抑えた指導には、舌を巻く人が多い。見かけと全然違う男である。
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
カウンター