忍者ブログ
公的年金のお得な情報、無年金の解消策などを解説説明します。
[65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やはり、労災でいじめられたとか
セクハラとか、到底できないノルマや
過酷な残業そういうのなら
可能性があると思う。

タダ、離婚とか家庭の事情だと
難しいと思う。

家族が人殺しをしたとか、
何かひどい犯罪を犯したとか
暴力亭主だったというのも
ちよっと無理かもしれない。

なぜなら、もらえても所詮
納付要件が必要だからだ。

たとえば、暴力亭主だから逃げました。
とか言うのなら、亭主が扶養家族からはずす
可能性もあるわけだし

残れば、見せたくも無い傷とかを
裁判で見せるとかいろいろ
恥ずかしい思いもすることになると思う。

厚生年金の被保険者本人なら、
割合貰いやすいだろうけど、
パートが外れてしまう程度だと
年金130万円超えると
ヤバイと思う。

また、医者の診断書がいい加減だ。
医者が逃げてしまうかもしれない。

先に申立て書を作り、事情を話して
原因はこれで、間違いなくうつである
と書いてもらわなくてはならない。
それが、うつの人にできるとは思えない。

診断書でないと、食い違いがあると
当然認められないだろう。

かといって、代理人に頼んでも
訳のわからないでは無理だろう。

損壇前に事実関係を明らかにしておく
流れを、メモでいいから書いておく。
最低、それくらいはしてくれないと無理だ。

うつの人は再発などと
言うことも考えられる。

だから、仮に再発でも
以前のものは直っていたと
証明できなくては
まずいと思いますね。

納付要件はあくまで初診日が関係する。
た゜から、古いとさかのぼって保険料を
収めることは出はない。

国民年金て゛、免除していれば
問題ないかというと、やはり初診日が
問題となると思う。

いずれにしても、うつでなくても、
どのような障害であろうと、
初診日前納付要件が問われる。

一番問題なくもらえそうなのは
厚生年金などの被保険者本人のとき
発病し、初診日があれば
可能性が大いにあると言うことだ゜。

このサイトのものが最新である。
他のサイトで見た人は、
結論はここにて゜でいると思って欲しい。

実は私もたいていの人も、
ほどんど、今はうつだと思う。

年金を貰うに越したことは無いが
私のように、大きな声で歌を歌う
スポーツをするなどや、
打ち込むこだわりの趣味を持つ。
人の目など気にせず。
わが道を行く。

何かストレス解消することをしないと
いけないと思います。

それと、一番しなくては
いけないことは、無責任になることだ゛。
それが一番しなくてはならないことだ。

責任など取れける場合ととれない場合がある。
どうにもならないことなど、考えず
知らないでいいと思います。

会社が、亭主が、女房が、子供が
会社が世間がそんなものは関係ない。
自分の心を壊してまで、責任など取る必要は無い。

他人に言えないなら、
神仏に言えばいい。
そしたら、かならず゛答えがもらえるはずだ。

少なくとも、溜め込んでしまうよりはましだ。
それを酒に求めたり、ギャンブルに求めたり
薬に求めたり、そういうのは良くない。

私が言いたいのはそういうこと。

本体ホームヘ゜ージhttp://www.no-tenki.jp
新総合年金ホームペーシ`
http://nenkin-bundori.p-kit.com/default.html
年金分捕りサイトhttp://nenkinbundori.sitemix.jp/
労働紛争解決サイトhttp://rodou-funso.p-kit.com/
バイト・パート情報のブログhttp://baitpato.blog.shinobi.jp/
年金情報のブログ http://nenkin.bundori.blog.shinobi.jp/
などもあります。
是非お越しくださいね。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/06 株の初心者の入門]
プロフィール
HN:
にせ幹ニ
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/17
職業:
特定社会保険労務士
趣味:
ミュージカル
自己紹介:
三流大学を浪人して卒業。就職には失敗し、一度目の就職は営業だが、あえなくクビになる。大学教授に泣きつき、先輩の会社に何とか入社。マツタ゛の下請け会社で、現場の溶接作業に従事、そこでひどい腰痛になり、その職場も断念。治療の傍ら、社労士試験を受けたが、
1回目は落ちた。2回目は専門学校に行き、何とか合格したものの。社労士事務所の就職は無く、受験講座の先生に泣きつき、某労働保険事務組合に入るが、女のこととかもあり、仕事の態度が悪かったため、クビに、その後、大変苦労し、昭和63年に開業した。同期のものは今はものすごく客がいるが、私は泣かず、未だ飛ばずです。20年近くたってようやく、遊べるようになる。劇団四季キャツツに出会い衝撃を受ける。その後、全国を飛び回り、四季の、子供ミュージカル以外、ほとんどのミュージカルを見た。自称にせ石丸幹ニである。年金については執念を燃やし、服部栄蔵年金道場を大阪に数度に渡り、行くが、レベルの高さにショックを受ける。その後、服部年金講座を数度、広島に誘致する。自らも年金講習会をNTT、新生銀行などで行う。大栄教育システムで、社労士受験講座の講師も勤めた。弟子は数が少ないか゛、現在、社労士会の役員になるなど、そうそうたる、メンバーが名を連ねている。弟子の方が、本人より、社労士会では認められたり、大きな事務所を運営している。一見でたらめに見えて、ちゃんとツボを抑えた指導には、舌を巻く人が多い。見かけと全然違う男である。
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
カウンター