忍者ブログ
公的年金のお得な情報、無年金の解消策などを解説説明します。
[61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かっての仕事にミスがあった。

と言っても、も致命的なことではないのだが、
被保険者期間の計算ミスである。

どういうケースかと言うと、
昭和8年12月23日生まれの
在日の人の被保険者期間である。

今回、息子のことなとで、また調べてくれ
と依頼されたわけだが、
被保険者期間は
在日なので、国民年金なので、
昭和57年1月からとなる。
それで、平成6年7月1日に厚生年金に入った。
単純に、平成6年7月1日が
国民年金喪失日とし、年金手帳に書いていた。
確かに私の字だと思う。

実際は平成5年12月22日に60歳となったわけだ。
つまり、1号被保険者としての期間は
そこでおしまいなのだ。

そのまま、厚生年金に入らなかったら
どうなるか。
もちろんカラ期間で65歳から
年金か゛出ないことは無い。
その代わり、
年金は信じられないくらい少ない。
子供のこずかい程度だろう。

しかし60歳から入ったのだから、
厚生年金になりうる訳だ。
理論上は、いきなり在職になるのだが、
厚生年金期間は無いから、
カツトなど関係なく推移していたらしい。

65歳になり、65歳喪失、
このときが、平成10年12月22日
たしかそのとき、年金請求をしたと思う。

その後、社長なので
平成14年4月1日から、
制度が変わり、70歳まで厚生年金
に入ることとなる。
70歳喪失が、平成15年12月22日
70歳のときはカットは無かったか
無いようにしたのが、よく覚えてないが、
理屈の上では、出で入って、また出た
と言う形になったわけだ。

もちろん、皆さんには
何の意味の無いことかも
知れないが、
やはり年金相談には
1.昭和61年4月1日
新法施行日
2..昭和36年4月1日
国民年金施行日と通算老齢年金
施行日
3.大正15年4月1日
4.昭和17年6月-20年8月
5.昭和16年4月1日
6.20歳児到達日
7.60歳到達日
8.65歳到達日
9.70歳到達日
10.15年特例
11.女は35歳到達日
12.男は40歳到達日

このあたりをキチント
押さえなくてはならない。

この場合、基本中の基本
60歳到達日
を把握してなかったことだ。

新規適用をしたから、
たくさん書類を作るため
めんどくさいから、
平成6年7月1日と
書いてしまったようだ。

このようなミスは、まだいいのだが、
他にも、ダンナが変わったので、
カラ期間で、前のダンナの協力を得れば
いいと話したら、
今の亭主に殴られそうになったので
まずいと思い、2年ばかり損させた人もいる。

また、本人も適当に答えていたので
少なくて済んだとか、
高齢任意加入がさかのぼって、
減らされた事もある。

他にも、預かった戸籍をなくして
みたり、もありました。
そのときは、恥ずかしながら
平謝りして、またもらってもらいました。
所得証明必要ないのにもらってみたりも。

もちろん、保険料は返りますよ。

それから、早くもらえていたのに
遅くなって、ぎりぎりと言うケースもある。

その辺はホームペーシ゜に
既に書いていますが
65歳に必ず、年金請求。
できれば、60歳と言うことになるが、
60歳を抑えると言うのが、
意外と盲点なのです。

そのことを忘れてましたね。
実害が無いのでよかったとは言え、
気をつけないと
いけないと思ったしだいだ。

社労士は、難しい特例とか
技術論に走る傾向があります。
基本は抑えないといけない。
服部先生も年金が面白くなって
2-3年後にものすごいチョンボをする
と言われた。

天狗になると、大チョンボをやらかすのだ。
ある程度、わかってくると
面白いし、怖いものなしになる。
そこにチヨンボが待ち受けているのだ。

僕の場合のチョンボはまだ、仕方ないやつだが、
チョンボにはくれぐれも注意しないといけないよ。
同業者諸君、また銀行の担当者諸君。
他山の石としよう。

私は間違わない。それは思い上がりだ。
チョンボをして、恥ずかしいことをして
初めて真の年金コンサルタントになれるのだ。

だから、チヨンボの無い人は、
自分はまだまだだと
謙虚に思って欲しいものだ。

もう少し知りたい人は、
私のホームペーシ゜に来てください。
http://www.no-tenki.jp
姉妹ホームペーシ゛
http://www.hiroshima-roumu.com/
姉妹ホームペーシ゛2
http://www.hirosima-roumu.com/
新総合ホームペーシ゜
http://fuchigami-roumu.p-kit.com/default.html
新総合年金ホームペーシ
http://nenkin-bundori.p-kit.com/default.html
労働紛争解決サイト
http://rodou-funso.p-kit.com/
バイト・パート情報のブログhttp://baitpato.blog.shinobi.jp/
年金情報のブログ
http://nenkin.bundori.blog.shinobi.jp/
労働紛争情報のブログ 
http://rodoufunso.blog.shinobi.jp/
労務管理のブログ 
http://notenkiroumu.blog.shinobi.jp/
労働・社会保険裏情報
http://notenkiura.blog.shinobi.jp/
助成金のブログ
http://jyoseikin.blog.shinobi.jp/
退職金のブログ
http://taisyokukin.blog.shinobi.jp/
労働法のブログh
ttp://rodoho.blog.shinobi.jp/

就業規則のブログ
http://syugyosaito.blog.shinobi.jp/
労災解説のプログ
http://rosai.blog.shinobi.jp/
給与改定のブログ
http://kyuyo.blog.shinobi.jp/
派遣・請負適正化のブログ
http://hakenukeoi.blog.shinobi.jp/
就職応援サイト
http://syokusagasi.blog.shinobi.jp/
求人対策サイト
http://qjin.blog.shinobi.jp/





















PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/06 株の初心者の入門]
プロフィール
HN:
にせ幹ニ
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/17
職業:
特定社会保険労務士
趣味:
ミュージカル
自己紹介:
三流大学を浪人して卒業。就職には失敗し、一度目の就職は営業だが、あえなくクビになる。大学教授に泣きつき、先輩の会社に何とか入社。マツタ゛の下請け会社で、現場の溶接作業に従事、そこでひどい腰痛になり、その職場も断念。治療の傍ら、社労士試験を受けたが、
1回目は落ちた。2回目は専門学校に行き、何とか合格したものの。社労士事務所の就職は無く、受験講座の先生に泣きつき、某労働保険事務組合に入るが、女のこととかもあり、仕事の態度が悪かったため、クビに、その後、大変苦労し、昭和63年に開業した。同期のものは今はものすごく客がいるが、私は泣かず、未だ飛ばずです。20年近くたってようやく、遊べるようになる。劇団四季キャツツに出会い衝撃を受ける。その後、全国を飛び回り、四季の、子供ミュージカル以外、ほとんどのミュージカルを見た。自称にせ石丸幹ニである。年金については執念を燃やし、服部栄蔵年金道場を大阪に数度に渡り、行くが、レベルの高さにショックを受ける。その後、服部年金講座を数度、広島に誘致する。自らも年金講習会をNTT、新生銀行などで行う。大栄教育システムで、社労士受験講座の講師も勤めた。弟子は数が少ないか゛、現在、社労士会の役員になるなど、そうそうたる、メンバーが名を連ねている。弟子の方が、本人より、社労士会では認められたり、大きな事務所を運営している。一見でたらめに見えて、ちゃんとツボを抑えた指導には、舌を巻く人が多い。見かけと全然違う男である。
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
カウンター