忍者ブログ
公的年金のお得な情報、無年金の解消策などを解説説明します。
[59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、どうやらトラツクバツクがありました。
年金に入るのが当然であると、
私は確かに正論だとは思う。

ただ、問題は事業主が
現役のときと同じ給料を払うかである。

おそらく、払わないと思う。
今はそんな時代ではないのだ。

事業主はすでに、給料を下げて
何とか働かせようという
麻薬のような手口を知ってしまっている。

た゜から、高くは入れたくは無いのだ。
事業主負担があるからである。

もちろん、たくさん払って今までどおり
働いて欲しいと言う人もいます。

でも、それは難しいんです。

雇われる立場からすると、
生活レベルを下げたくない。

年金を貰うような人は、今までの働きより
楽をしたいとか思う訳です。
また、会社に対して遠慮もあるわけて゜す。

今までどおりの仕事をして、
給料が下がるのは
どうかかと思いますけど、

同じ内容でも、給料がさがると
年金が出て、同じくらいか
それ以上の生活ができたら
その方がいいという人もいる訳です。

長いこと年金を掛けて、
カツトされてはたまりません。

私は年金は青天井でもいいと思います。
財源はどうするのか、すぐその議論となりますが
掛けても、一切、カツトなしなら
保険料はたくさん払ってもらえるわけです。

カツトされるから、されまいとするのです。
解りますか。

仮に年金が月20万円、給料が30万円とします。
そしたら50万円の生活ができますよね。

カツトされないなら、給料30万円で、50万円の生活。
仮に半分働いて、給料15万円で年金月20万円なら
35万円の生活ができるじゃないですか。

それなら、たいして変わらないから、
変なことはしないと思います。

いやなら、今までどおり働けばいいんです。

今は60歳-64歳なら、
基本年金と費用順報酬28万円だから
年金が月20万円としたら、月79999円以上
稼いだら、カツトされてしまうのです。

今まで、給料30万円の人はどう思います。
仮に15万円で雇われて
年金は、月20万円なら35万円の生活が
できるじゃないですか。

た゛から、政府や官僚が
屁理屈で、
踏み倒そうとするから
踏み倒されまいとする訳です。

要するに必要悪なんですよ。

青天井の年金なら、誰も小細工はしません。
働きたくないなら、辞めるだろうし
少し働きたい人は、少し働くし、
今までどおり働きたい人は
働けばいいことになりますよね。

ようするに、何とか踏み倒そうと
おかしな制度を官僚が
作っているから、民間はそうはさせまい
とする。
それだけのことなんです。

もう少し知りたい人は、
私のホームページにきてください。
http://www.no-tenki.jp
姉妹ホームペーシ゛
http://www.hiroshima-roumu.com/
姉妹ホームペーシ゛2
http://www.hirosima-roumu.com/
新総合ホームペーシ゜l
http://fuchigami-roumu.p-kit.com/default.html
新総合年金ホームペーシ
http://nenkin-bundori.p-kit.com/default.html
労働紛争解決サイト
http://www.p-kit.com/hp/rodou-funso/default.html

また忍者ブログにも多数あります。
バイト・パート情報のブログ
http://baitpato.blog.shinobi.jp/
年金情報のブログ 
http://nenkin.bundori.blog.shinobi.jp/
労働紛争情報のブログ 
http://rodoufunso.blog.shinobi.jp/
労務管理のブログ
http://notenkiroumu.blog.shinobi.jp/
労働・社会保険裏情報
http://notenkiura.blog.shinobi.jp/
助成金のブログ
http://jyoseikin.blog.shinobi.jp/
退職金のブログ
http://taisyokukin.blog.shinobi.jp/
労働法のブログ
http://rodoho.blog.shinobi.jp/
就業規則のブログ
http://syugyosaito.blog.shinobi.jp/
労災解説のプログ
http://rosai.blog.shinobi.jp/
給与改定のブログ
http://kyuyo.blog.shinobi.jp/
派遣・請負適正化のブログ
http://hakenukeoi.blog.shinobi.jp/
就職応援サイト
http://syokusagasi.blog.shinobi.jp/
求人対策サイト
http://qjin.blog.shinobi.jp/





PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/06 株の初心者の入門]
プロフィール
HN:
にせ幹ニ
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/17
職業:
特定社会保険労務士
趣味:
ミュージカル
自己紹介:
三流大学を浪人して卒業。就職には失敗し、一度目の就職は営業だが、あえなくクビになる。大学教授に泣きつき、先輩の会社に何とか入社。マツタ゛の下請け会社で、現場の溶接作業に従事、そこでひどい腰痛になり、その職場も断念。治療の傍ら、社労士試験を受けたが、
1回目は落ちた。2回目は専門学校に行き、何とか合格したものの。社労士事務所の就職は無く、受験講座の先生に泣きつき、某労働保険事務組合に入るが、女のこととかもあり、仕事の態度が悪かったため、クビに、その後、大変苦労し、昭和63年に開業した。同期のものは今はものすごく客がいるが、私は泣かず、未だ飛ばずです。20年近くたってようやく、遊べるようになる。劇団四季キャツツに出会い衝撃を受ける。その後、全国を飛び回り、四季の、子供ミュージカル以外、ほとんどのミュージカルを見た。自称にせ石丸幹ニである。年金については執念を燃やし、服部栄蔵年金道場を大阪に数度に渡り、行くが、レベルの高さにショックを受ける。その後、服部年金講座を数度、広島に誘致する。自らも年金講習会をNTT、新生銀行などで行う。大栄教育システムで、社労士受験講座の講師も勤めた。弟子は数が少ないか゛、現在、社労士会の役員になるなど、そうそうたる、メンバーが名を連ねている。弟子の方が、本人より、社労士会では認められたり、大きな事務所を運営している。一見でたらめに見えて、ちゃんとツボを抑えた指導には、舌を巻く人が多い。見かけと全然違う男である。
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
カウンター