忍者ブログ
公的年金のお得な情報、無年金の解消策などを解説説明します。
[63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

意味深長な書き方だが、
今日、某役所でさんざん待たされた。
そのとき、暇つぶしに社労士手帳の年金
のあたりをめくっていた。

独り言を言いながら考えていた。
周りの人は、相当
変な人に見えたことだろう。

それは
1.障害年金
2.遺族年金
関係である。

1.障害年金は平成28年3月31日までは
初診日前々月1年間の滞納が無いこと。
と、全体の3分の1の滞納がないこと。
これは教科書で見る人には
反対なので、変に思うかもしれないが。
簡単にするためた゜。

2.遺族年金は死亡日前前々月
1年間の滞納出ないこと。
同じく平成28年3月31日まで。
それと死亡日前に全体の
全体の3分の1の滞納がないこと。
だった。
それから、初診日から5年以内の死亡。
障害1級2級の死亡など。

社労士はここまで、は試験で習う。

さてと問題はその後だ。
まず、障害年金だが、
さかのぼり納付は認められてない。

遺族年金の妻の年齢40-65歳だの
子供18歳未満だの言うのは当然だから
省く。
これを読んでいるときに
何だこのザル法はと気づいた。

何のことか。つまりこうだ。
まず、5年以内の死亡
これが曲者。

最近は医療技術の発展で
脳梗塞など、なかなか死なない。
と言うことは、たとえ納付要件
を満たしていても、5年以内に死なないと
遺族年金にならないケースがある
と言うことだ。

もちろん被保険者期間の死亡などと言う
抜け道もあるにはあるが、
資格喪失後、厚生年金か、国民年金かで
変わってきてしまうわけだ。

その辺は解らないかもしれないが
要するに、そのときに
どの制度だったかによって
決まる。
そちらから出るのが原則だ。

もちろん25年の要件を満たしていれば
両方から出るから
何の問題も無いわけだが。

たとえば車に引かれて即死した方が
あっさり、遺族年金が出るということらしい。
もちろん自賠責などとの調整はある。

従業員の場合、労災もありうる。
ただ、仕事関係で無いと、当然それはでない。

さて、計算式を眺めて、何なんだである。
今は、7.125/1000とか極端に減らされている訳だ。
そこに持ってきて、たとえば標準報酬が
少ないとモロに応える可能性があるわけだ。

これは大変な問題をはらんでいると
私の勘だが、気が付いた。
今までここまで、深く考えもしなったが

役人がいかに踏み倒すかと
言うように作ってあるようだ。
私の偏見と取られてもいいが、
現実に起こりそうな問題が
山ほどあるわけだ。

そういうつもりは無くても
どう見ても、結果的に悲惨なことになる場合が
あるということなのだ。

年金相談をする社労士さんでも
相談員をする人でも、
制度設計をした官僚でもここまで想像力が
働いただろうかという疑問がわいてきた。
これは一刻も早く確認しようと思ったしだいだ。

このようなケースをご存知の方は
私に教えて欲しい。
私とともに研究したいものは
私は拒まないのでいつでも歓迎する。

もう少し知りたい人は、
本体ホームヘージhttp://www.no-tenki.jp
新総合年金ホームペーシ`
http://nenkin-bundori.p-kit.com/default.html
年金分捕りサイトhttp://nenkinbundori.sitemix.jp/
労働紛争解決サイトhttp://rodou-funso.p-kit.com/
バイト・パート情報のブログhttp://baitpato.blog.shinobi.jp/
年金情報のブログ http://nenkin.bundori.blog.shinobi.jp/
などもあります。
是非お越しくださいね。
 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[12/06 株の初心者の入門]
プロフィール
HN:
にせ幹ニ
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/17
職業:
特定社会保険労務士
趣味:
ミュージカル
自己紹介:
三流大学を浪人して卒業。就職には失敗し、一度目の就職は営業だが、あえなくクビになる。大学教授に泣きつき、先輩の会社に何とか入社。マツタ゛の下請け会社で、現場の溶接作業に従事、そこでひどい腰痛になり、その職場も断念。治療の傍ら、社労士試験を受けたが、
1回目は落ちた。2回目は専門学校に行き、何とか合格したものの。社労士事務所の就職は無く、受験講座の先生に泣きつき、某労働保険事務組合に入るが、女のこととかもあり、仕事の態度が悪かったため、クビに、その後、大変苦労し、昭和63年に開業した。同期のものは今はものすごく客がいるが、私は泣かず、未だ飛ばずです。20年近くたってようやく、遊べるようになる。劇団四季キャツツに出会い衝撃を受ける。その後、全国を飛び回り、四季の、子供ミュージカル以外、ほとんどのミュージカルを見た。自称にせ石丸幹ニである。年金については執念を燃やし、服部栄蔵年金道場を大阪に数度に渡り、行くが、レベルの高さにショックを受ける。その後、服部年金講座を数度、広島に誘致する。自らも年金講習会をNTT、新生銀行などで行う。大栄教育システムで、社労士受験講座の講師も勤めた。弟子は数が少ないか゛、現在、社労士会の役員になるなど、そうそうたる、メンバーが名を連ねている。弟子の方が、本人より、社労士会では認められたり、大きな事務所を運営している。一見でたらめに見えて、ちゃんとツボを抑えた指導には、舌を巻く人が多い。見かけと全然違う男である。
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
カウンター